THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫ですよ、・・・ちゃんと掴んでますから。」
実はアレ、・・・カマかけてたんです。」
好きって言ったら、・・・もっと好きになっちゃいました。」
・・・頑張って。」
エルメスさんたん?)の台詞の中で、この「・・・」という「間」は非常に重要だったと思う。
古い表現だが、「大和撫子」の雰囲気が落ち着いたこの間に見事に表れており、多くの視聴者はそれによって彼女の虜になった。
ストーリー自体は大したものではなかったと思うが、週末になるとマンハイムのトラム内でついつい酔っ払いの出現を待っている僕は、やはり少なからず影響を受けた事になるのだろう。
ビール大国・ドイツでは、酔っ払いの出現は日常茶飯事だが、エルメスたんのような「大和撫子」の出現は到底期待できない・・・。
そろそろ日本に帰っても、・・・いいですか?
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。