THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス共和国
「FIFAランキング:8位、3大会連続12回目の出場、優勝1回(1998)」
(言語:フランス語、首都:パリ、人口:6168万人)
大会前から、前々回の世界王者フランスは危機に立たされていた。2002年のワールドカップで晒してしまった醜態、「無得点で一次リーグ敗退!」という屈辱を晴らすための逸材がなかなか見つからなかったのだ。若手中心で挑んだ欧州予選もピリッとしなかった。不甲斐ない戦いぶりに業を煮やした指揮官ドメネクは、老いたコンダクター「ジダン」や、かつての鉄人「マケレレ」など、98年時のベテランメンバーを復帰させた。これでプレミアリーグの得点王「アンリ」へのホットラインも復活したかに見えたが、やはりフランスにかつての輝きはなかった。開幕後の一次リーグ、勝利を収めた試合は一つだけで、残りは引き分けに終わった。それでもなんとか二位で勝ち上がった決勝トーナメント、一回戦の相手は無敵艦隊「スペイン」だった。ほとんどのサッカーファンがスペイン勝利を予想した対決、ここでフランスは粘りを見せた。チーム一丸となって奪った逆転勝利。華麗なシャンパン・サッカーとは程遠いプレーではあったが、彼らは下馬評を覆しベスト8まで勝ち上がった。今大会を最後に現役を退くジダン、彼を中心にフランスは背水の陣でブラジル戦に臨む。狙うは1998年フランス大会決勝戦の再現だ。

監督:レイモンド・ドメネク

GK 23 クペ
    (1972/12/31)オリンピック リヨン
GK 16 バルテズ
    (1971/6/28)オリンピック マルセイユ
GK 1 ランドロー
    (1979/5/14)ナント
DF 3 アビダル
    (1979/7/11)オリンピック リヨン
DF 5 ガラス
    (1977/8/17)チェルシー
DF 19 サニョル
    (1977/3/18)バイエルン ミュンヘン
DF 17 ジベ
    (1981/10/9)モナコ
DF 13 シルベストル
    (1977/8/9)マンチェスター ユナイテッド
DF 21 シンボンダ
    (1979/2/21)ウィガン アスレティック
DF 15 テュラム
    (1972/1/1)ユベントス
DF 2 ブームソン
    (1979/12/14)ニューカッスル ユナイテッド
MF 10 ジダン
    (1972/6/23)レアル マドリード
MF 18 ディアッラ
    (1981/7/15)ランス
MF 8 ドラソー
    (1973/10/10)パリ サンジェルマン
MF 4 ビエラ
    (1976/6/23)ユベントス
MF 6 マケレレ
    (1973/2/18)チェルシー
MF 7 マルダ
    (1980/6/13)オリンピック リヨン
MF 22 リベリー
    (1983/4/7)オリンピック マルセイユ
FW 12 アンリ
    (1977/8/17)アーセナル
FW 11 ヴィルトール
    (1974/5/10)オリンピック リヨン
FW 14 サア
    (1978/8/8)マンチェスター ユナイテッド
FW 9 ゴブ
    (1979/7/27)オリンピック リヨン
FW 20 トレゼゲ
    (1977/10/15)ユベントス
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。