THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リースタール1

↑小さな街リースタール

2006年3月5日日曜日、僕はバーゼルから電車で10分ほど離れた小さな街リースタールにいた。
毎年バーズラー・ファスナハトの前夜に行われる火祭りを見るために。
ファスネット・リーシュテールFasnecht Lieschtel)、タイマツに灯った炎で冬を追い払い、春の訪れを祝うお祭りだ。
ちなみ上記の呼び名は、ファスナハト・リースタールFasnacht Liestal)が訛りによってクズれたものだと思われるが、現地の人は皆そのまま使用している。

リースタール2

↑放置されたマスク

リースタール3

↑着火前のタイマツを持ったお兄さん方。
背中には「Achtung Heiss!熱いから気をつけて!)」の文字が・・・

火祭りは夜に始まる。
前座として、変装した参加者達がグーグルミュージックを奏でながら大通りを行進して行く。
いくつもの山車や巨大提灯が行き過ぎ、ピッコロの音色が暗闇に響き渡った。
ここまでは、バーズラー・ファスナハトとほとんど同じだった。

リースタール4

↑前座の行進

前座が終わった午後9時前、ついに遠くの方から微かな灯りが見えてきた。
さぁっ、ついに火祭りの始まりだ!!
巨大なタイマツをかかえた人達が、大通りをダッシュで駆け抜ける。
老若男女関係なく、何人も何人も・・・。
観衆の声援と炎の熱気を全身に浴びて、大きなタイマツを持った参加者達が僕の目の前を次々に横切った。
その度に舞い散る火の粉を払いながら、僕は必死でこの祭りを楽しんだ。

リースタール5

↑遠くから近付く炎

リースタール6

熱い!

リースタール7

熱いって!!

リースタール8

↑なるほど・・・。これなら冬も逃げ出すわなぁ・・・。

ファスネット・リーシュテール火祭り、文字通り熱い祭りだったと思う。
でも・・・、やり過ぎや!!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。