THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのマントン、イタリアとの国境近くに存在するこの街では、毎年カーニバルの時期(今年は2月10日~26日)になると一風変わった祭りが開催される。
Fete du Citronレモン祭りである。
柑橘系で造られた彫像の展示、また毎年違ったテーマによるパレードは、訪れた人々を陽気に迎え入れてくれる。
2月16日、僕はこの祭りに出向いた。
前日に見たニースのカーニバルとは全く違った雰囲気がそこにはあった。
レモンオレンジを用いた彫像の展示などは、まさにフルーツが良く育つ温暖な街ならではのアイデアだと感じた。
夜に行われたパレードも圧巻の一言で、「世界のカーニバルLes carnavals du monde)」というテーマの下、実に見事な行列が賑やかに大通りを行進していた。
世界の様々なカーニバルをモチーフに造られた山車、各国の民俗舞踊、そしてその国々の美しい女性たち・・・。
ただ、まぁ、美味しいトコロは全てゲストで参加していたブラジル勢が持って行ったのだが・・・。
僕個人としては、ニースのものよりもこちらのカーニバルの方が気に入った。
今まで大嫌いだったフランスだが・・・、「フランス最高!!」と思ってしまった。

レモン祭り
レモンオレンジで造られた彫像はこの街ならでは。

レモン祭り1
↑彫像と僕。

レモン祭り2
↑夜のパレード。

レモン祭り3
↑アメリカのカーニバルをモチーフに、レモンオレンジで造られた巨大な山車。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。