THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004年5月10日(ロベルト・バッジォの地元最終節を観戦した翌日)、僕は朝からヴェローナの街に向かっていた。
キレイな街とは聞いていたし、「ロミオとジュリエット」の舞台となった場所だという事も知っていた。
だが、僕は特に「どうしても観光したい!」と思っていた訳でもなかった。
正直な話、僕のテンションはこの時期西欧で舞い乱れる独特の花粉(ポプラらしい)によってガタ落ちになっていたのだ。
洪水のように流れ落ちる鼻水、止むことを知らないクシャミ、充血した眼球と乾燥したコンタクト・レンズとの間を必死で取り持つ涙・・・、最低のコンディションだったのである。
そもそも、今回の旅の目的は観光ではなかった・・・。

テーマは、サッカー選手「ロベルト・バッジォ」の試合を観戦する事のみ!
地元最終節(5月9日・ブレーシャ)と現役最終節(5月16日・ミラノ)の二試合を観るためだけに、僕は遥々マンハイムからイタリアまでやってきたのだ。
しかし問題は、「9日の試合を観た後から16日までの一週間、僕は何をするのか?」というポイントだった。
一旦ドイツのマンハイムに戻り、次週再びミラノへ移動するのはあまりに(時間的にも経済的にも)効率が悪い。
そこで考えた結果、北イタリアを周遊しようと決断した訳だ。

それでは、世界一贅沢な「バッジォの試合までの暇潰し適当旅行」をパーっと載せておこう。

ヴェローナ
5月10日、ジュリエッタのオッパイを鷲掴み!(ヴェローナ・ジュリエッタの家

ヴェネツィア
5月11日サン・マルコ寺院のクーポラとヴェネツィアの町並み

ローマ
5月12日、ぬ・・・抜けない・・・。(ローマ・真実の口

バチカン市国
5月13日、聖地サン・ピエトロ寺院(バチカン市国)

ピサ
5月14日、確かに傾いている・・・。(ピサ・斜塔から

ミラノ
5月15日、コイツのチンポにかかとを突き立てて一回転すると子宝に恵まれるらしい(ミラノ・ガッレリア

ミラノ1
5月15日君にはまだ早いやろ!!(ミラノ・ガッレリア

この翌日、僕はロベルト・バッジォ現役最後の試合を観に行った・・・。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。