THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年7月4日、あの「魔の一晩」から9ヶ月もの月日が流れ、僕は再びサラエヴォの地を訪れた。
今回は前回と違い、クロアチアからではなくセルビア・モンテネグロから入国した。
客引きのオジさんとの交渉も早々に成立し、荷物を部屋に置いた後ゆっくり街を満喫していた。
「やはりサラエヴォ、悪くない街だ・・・」、そう思いながら歩いていると、何やら白人女性がこっちに近付いてくる。
・・・ヤスナである。
こうして運命の赤い糸は、偶然でありながらも確実に僕とヤスナを引き合わせたのだった。

ヤスナとの再会
↑9ヶ月ぶりの再会、去年よりかなり老けていた・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。