THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(2005年11月12日)、ルクセンブルク大公国へ行ってきた。
天気は最悪だった。
気温も実に低かった。
何しに行ったか分からないほど、・・・つまらなかった
まぁ、暇つぶしの日帰り旅行といったところか。
オランダ行きが中止になった時点で、覚悟はできていたのだが・・・。

ルクセンブルク
↑グルントにあるサン・ジャン教会付近

数時間ウロウロした後、帰ろうと駅を目指していた僕は、デモ行進をする若い集団を見かけた。
はぁー、またか・・・。
僕の旅行は、どうしてこうもデモと縁があるのだろう。
せめて何に対してのデモなのかを確かめようと僕が足を止めると、行列は監視する警官達との距離を保ちながら、一斉に服を脱ぎだした
このクソ寒いなか水着姿になった若者達は、再び行進を始めた。
LIEBER NACKT ALS PELZE TRAGEN!!毛皮を纏うくらいなら裸の方がマシだ!!)」、プレートにはそう書かれていた。
恐らく動物愛護団体による反・毛皮製品デモ、といったところだろう。
まぁ、肉食(ドイツの場合、特に豚肉)の欧州人が今更何を主張しても・・・ねぇ。
そんな事よりも、ドイツ語でのデモ行進、・・・フランス語とかじゃないんやなぁ、と思った。

デモ行進
↑寒いのにご苦労様です・・・
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。