THE TREE OF LIFE ~生命の木~

世界日記 (番外編)

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年7月最終土曜日、僕はマイリンゲン(スイス)を訪れた。
この地には、名探偵シャーロック・ホームズが命を落としたとされるライヒェンバッハの滝があるからだ。
鉄道駅から徒歩と登山列車を利用し、ようやくホームズ最期の場所に辿り着いた僕は、そこで迫力ある光景を目の当たりにした。
荒々しく流れ落ちる滝と、それによって舞い上がる水しぶき・・・。
なるほど、コナン・ドイルがここを最後の舞台に選んだ理由が分かった。
しかし、雄々しい滝をバックに設置された、顔を切り抜かれた名探偵のプレート・・・。
なるほど、観光立国・スイスがやりそうな事だ。
シャーロック・ホームズハイジ同様、実在した人物ではない。
スイスって国は、観光客を集めるためなら何だって利用してしまう・・・。
そんなイヤラシイ商業戦法に引っかかるものか!
誰がこんな所でホームズに成りきって写真なんか撮るか!」と、僕は決心したのだった。

ホームズ1
でも・・・やっぱり撮った!

ホームズ2
↑・・・ハイハイ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。